二次会の終わりにプチギフトを渡す

結婚披露宴に招待することができなかった友人がたくさんいる場合は、披露宴の後に二次会を開く人が多いです。二次会は、新郎新婦と、幹事の人が計画をすることが多いです。司会なども全て、幹事の友人が行ってくれるので、当日は新郎新婦はゲストのみんなと楽しむことができます。披露宴は祝儀を持って行きますが、二次会は会費制が多いです。5000円から1万円くらいの会費が相場になります。途中でゲームなどを行い、ゲームに当たると景品をもらえたりします。景品はテーマパークのチケットや、旅行券などの高価なものも用意されていることが多いです。そして、終わる時には、新郎新婦が先に退出して、ゲストのみんなを入り口で見送ります。その時にプチギフトを渡すことが定番になっています。一人一人と会話をしながら、プチギフトを渡します。おしゃれなチョコレートや、クッキーが人気です。

もらって嬉しい二次会のプチギフト

結婚式の二次会の締めくくりに新郎、新婦からいただけるプチギフト。やっぱり、幸せそうな二人から直接もらえるものなので、とても嬉しいです。ここでは、今までいただいたプチギフトの中でも特に嬉しかったものについて書いていきます。まず定番ですがお菓子はもらって嬉しいです。お菓子であれば、帰ったあとに出席していない夫ともそれを食べながら友人の結婚式の楽しさを共有できます。帰ったあとにも新郎、新婦から素敵な時間をプレゼントされている気分になれます。またティーパックやコーヒーなどの飲み物も嬉しいです。やはり普段使うものとは違う種類のものをいただけることが多いので家で家族と飲む楽しみがありますし、またちょっとした来客時にもこれらがあると便利で助かります。何をもらっても嬉しいプチギフトですが、実用的なものだとなおさらもらって嬉しく感じます。

二次会のプチギフトで用意したもの

結婚式二次会のプチギフトはすごく悩みました。数が多いのであまり高いものは準備が難しいですし、かといって安くて見た目がイマイチなものも用意いたくはありません。夫と二人でどれにしようかと悩んだ結果、プチギフトには可愛いキレイな小瓶に入った入浴剤にしました。見た目は瓶入りでお洒落な雰囲気がありますし、入浴剤であれば家に帰ってから使うこともできて実用性もあります。そして入浴剤自体の色味もキレイです。また価格もとてもリーズナブルでした。複数個入っての販売だったので、100円程度の可愛い小袋と紐を買って、個別にラッピングをしてお渡ししました。友達からは可愛いし、良い香りだっとと喜んでもらえました。せっかく来てくださった方に直接お渡しできるプレゼントなので、気に入ってもらえるものを用意することができて嬉しく感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)